【1万円台】安くてオシャレな革靴ならキャサリンハムネットロンドン!ビジネスでもカジュアルでもおすすめ!

【1万円台】安くてオシャレな革靴ならキャサリンハムネットロンドン!ビジネスでもカジュアルでもおすすめ! メンズファッション図鑑

ビジネスだけじゃないカジュアルでも大活躍の革靴

ビジネスだけじゃないカジュアルでも大活躍の革靴

出典:D’MARGE

革靴ほどオシャレで便利な靴はない

ビジネスシーンはもちろんこと
普段履きやデートなど革靴さえあれば困らない

革靴が醸し出すフォーマルな雰囲気が
全体的なファッションをより大人なコーディネートにしてくれます

一見合わなそうなTシャツやカットソーとの相性もバッチリ
ジャケットも王道のテーラードだけでなくブルゾンやライダースなどカジュアルファッションにもぴったり

ボトムスにいたっては何でもOK
特に細身のファッションが好きな方だったらなおさらオススメです
デニムやスキニーパンツと革靴のコーディネートは大人カジュアルの鉄板でデートに最適

まさに革靴はファッションアイテムの鉄板・便利アイテム!

今日はその革靴の中でリーズナブルだけどオシャレなブランドを紹介!

安くてもオシャレでカッコいいキャサリンハムネットロンドン

キャサリンハムネットロンドン

出典:楽天市場

キャサリンハムネットロンドンとは
トラディショナルなUKのイメージにキャサリンの革新的な感覚をミックス。クラシックなUKのスタイルとキャサリン自身のメッセージ性・
社会性のある独自のデザインが見事に調査したキャサリンハムネットを代表するライン。オーセンティックなブリティッシュスーツ、エレガントなドレスがオーガニック素材を用いたアイテムをメインに、”華やかさ”の中にこだわりのあるモノづくりを展開

シュッとした革靴が好きな方はぴったりです!

価格は1万円代からというリーズナブルな値段

20代30代男性なら1足は持っておいて損はありません!

キャサリンハムネットロンドンのおすすめ革靴

キャサリンハムネットロンドンの革靴を履いたイメージ

僕が社会人になってからの20代から今まで
ずっと愛用していた革靴がこちらです!

値段は12,000円!

商品概要
■ 商品番号 : 3980
■ デザイン : ブラッチャー(外羽根) Blucher
■ 生産国 : バングラディッシュ製 Bangladesh
■ 製法 : セメンテッド製法 Cemented process
■ 甲素材 : キップスキン(本革) Kip skin
■ 内素材 : 牛革 Leather
■ 底素材 : 合成底 Rubber
■ 重量 : 393g ※片足
■ サイズ : 24.5cm~27.0cm
■ カラー : ブラック/Dブラウン BLACK/DBROWN

商品そのものにあまり光沢は無いんですが
ツヤ出しクリームなどで磨くととても綺麗な革靴の色が出てきます!

革靴のカラーバリエーションは黒とブラウンです
使い勝手の良い黒をお勧めしますが、ブラウンもかっこいいですね!

キャサリンハムネットロンドン(1)

出典:楽天市場

キャサリンハムネットロンドン(2)

出典:楽天市場

キャサリンハムネットロンドンの革靴のサイズ

ご自身の実際の足のサイズから-1.5cmまたは-1.0cm

のサイズをお選びされることをオススメします

元来革靴は少しきつめに履く靴ですので自分の足のサイズより少し小さめを選びますよね

キャサリンハムネットロンドンの靴の使用歴約8年の僕は
足のサイズが27.0cmですが履いている革靴は25.5cmです

不安な方は-1cmで買ってみて中敷きで調整をしてみて下さい!

ブランド物の革靴を買いに行った時に悩みました

革靴のブランドとはいえば

リーガル
スコッチグレイン
クロケット&ジョーンズなどなど

オシャレブランドに詳しくない人でも一度は聞いたことがある革靴のブランド

社会人1年目〜3年目あたりの男同士の会話では
「ついにおれもリーガルの靴を買った」「まじか!!」
こんな会話が毎年全国の津々浦々でされていることでしょう

それもそのはず、ブランド物の革靴は高い!!
そのせいもあって『ブランド物の革靴を買うときの悩み』は結構あります

革靴の悩み:高い革靴は何回も履きたくない

革靴の悩み

参照:homedit

仮に4万円の革靴を買ったとします

何回も履きたくないですよね
もはや鑑賞物です

高いものは大事にしたい
金額分は自分のファッションとして働いて欲しい

だからこそせっかく買ったのに履きたくない
という相反する感情になってしまいます

「これは大事な時に・・・・」

といって安い革靴を履く。。。なんてことを経験したこともありました

革靴の悩み:自分の好きな形が無かった

革靴の悩み

出典:PHILIPPE PERZI

ブランド物の革靴は40代50代好みの大人向けのシルエットです

万人共通の悩みでないかもしれませんが
若い人からすると『おじさんくさい形しかない』と思うことがあります

革靴は「Leather Shoes」ではありません「Dress shoes」です

元来パーティーや式典などのフォーマルな場面でドレスアップする際に
大人の紳士が着用するための靴として生まれたフォーマルな靴です

リーガルを筆頭に有名なブランドのメインの顧客は
若者の20代ではなく、30代後半から50代あたりまでの幅広い大人な男性です

「えっ、こんな形の革靴が4万もするの!?」

(別にこれに4万出したくねえな。。。)と正直思ってしまったことがありました

結論、誰も靴のブランドなど気にしてなかった

社会人経験をわずかといえ今年で10年を迎えました

一度たりとも「その靴どこのブランド?」と聞かれたことはありません

そう考えると靴のブランドって何だ?という気もしてきます

どうしてもブランド物に1回挑戦してみたいと思うのはありだと思う一方で、
『オシャレで見た目かっこいい革靴』は何も有名なブランドだけじゃないぞ
って強く思いますし実際に僕は有名ブランドでなくても満足しています

僕のオススメはキャサリンハムネットロンドン

最高のコスパ革靴です

ぜひ一度お試しあれ!!