【2020年】泣ける!心が熱くなる!邦楽の青春パンクロックおすすめバンド&ソング

ノスタルジックな青春 おすすめ邦楽

「僕らは青春ロックにいつまでも魅了されてんだ」

自転車があればどこまでも行けると思った、
始めて手に入れた携帯電話に夢中だった高校生時代、

新歓飲み会で初めて飲んだビールと
「華のキャンパスライフ」が思いのほか何も無くてただ時間だけがクサる程あった大学生活

あの頃の青春時代が一瞬でフラッシュバックする、
甘酸っぱい思春期にぴったりな青春ロックバンドを紹介します!

青い空と制服とチャリンコ。心の青春ソングと一緒に生きていく

【2020年】泣ける!心が熱くなる!邦楽の青春パンクロックおすすめバンド

お金はないし、お酒だって知らないし、

部活終わりにサイゼリアでミラノ風ドリア食べていれば幸せだった

ふとそんな高校生のことを思い出したり、

授業をサボって学食で他愛もない話をしたり

部活が終わった後にキャンパス近くの激安居酒屋で馬鹿騒ぎした大学のことを思い出したり

青かったあの頃を昨日のことのように思い出させてくれる、
そんな心の青春ソングを僕らに与えてくれる素敵なバンドを集めました

オススメソングと一緒に『個人的な思い出ストーリー』を添えて紹介させていただきます

心の青春ソングの名曲ばかり!おすすめ青春ロックバンドを紹介!

ELLEGARDEN 「Red Hot」

個人的ベストオブベストロックバンド

2000年台の高校生・大学生バンドはほとんどがエルレのコピーバンドだったでしょう
当時の学生たちの耳とハートとipodを独り占めにしたエルレは永久に僕らの青春バンドです

ASIAN KUNG-FU GENERATION 「ソラニン」

当時、現役大学生バンドとして一躍有名になったアジカン
アニメ鋼の錬金術師のOP「リライト」で爆発的に売れまくりその後もヒットを連発
聞いたらわかるアジカンの曲や!!というくらいアジカン独自のメロディーはいつ聞いても最高です

ちなみにソラニンという映画を知っているだろうか
この映画では名前の通り、映画の中で俳優さんがバンドを組んでソラニンを演奏しています!めっちゃ上手い!!

そのバンドメンバーには
今や浦ちゃん(浦島太郎)で大人気!桐谷健太さんがいます!
この映画のために猛特訓したというドラムは必見!さらにボーカルは宮崎あおいさん!鬼可愛いぞ!!

ソラニンだけ聞きたい方は4:30からどうぞ

SUPER BEAVER 「らしさ」

「自分らしさってなんだろう」

アニメ「ばらかもん」のOPで一躍10代20代ファンが増えて有名になったSUPER BEAVER

自分の高校生の頃や大学生の頃を「思い出」を思い出すというよりは
「自分らしさ」=仕事の中で忘れてしまった本当の自分、を取り戻せそうになる
そんなメッセージをくれるそんなアーティストです

さっき紹介したソラニンのYouTubeを視聴された方の中には気づいた人もいると思いますが、
ソラニンの前に演奏されていた楽曲はSUPER BEAVERの作品です

ジャパハリネット 「哀愁交差点」

僕にとっては「裸足ですっごいジャンプするツッパリバンド」

別にそういう思い出がはっきりとあったわけではないけど
夕暮れ時に友達と楽しく下校している日々を思い出したくなる気分にさせてくれるジャパハリネット、ありがとう!!

藍坊主 「鞄の中、心の中」

ど青春ソングを歌い続けるロックバンド藍坊主

当時高校生で部活の帰り道でTSUTAYAに寄り、ロックバンドコーナーで見つけた新人バンドが愛坊主でした
今となってはまぎれもないロックバンドのスターですが、、時の流れを感じるバンドでもあります
(その時一緒に見つけたのがUNCHAINとThe Band Apartでした)

大学受験勉強中にヘビロテして聴きまくったあの頃がフラッシュバックします

Base Ball Bear 「short hair」

青春ロックバンドといって個人的に真っ先に思う浮かぶのがベボベ
また僕がライブにいって「ipodで聞く同じ音楽と思えない、え何、ライブってこんなすごいの?」と
ライブの凄さを覚えたのもベボベのおかげ

Aqua Timez 「虹」

2018年に解散してしまったAqua Timezも青春ソングでキラッキラしてました
ボーカルの太志(ふとし)の独特の声・メッセージ性の強い歌詞が当時高校生だった僕にはどストライクでした

バンドが解散・休止なんて関係ないです!名曲はいつまでも名曲です!

JANGA69 「With」

今回紹介するバンドの中ではダントツ著名度が低いJANGA69(ジャンガロック)
ただめっっっっちゃ青春ロックバンドとしておすすめなので個人的な想い強めでプッシュします!

一度ぜひ聞いてみてください!!

MONGOL800 「小さな恋のうた」

カラオケボックスにとっちゃあもはや国歌レベルの定番ソング
君が代歌う回数よりも「小さな恋のうた」歌う機会の方がきっと多いでしょう、そういうモンスター青春ソング

RIP SLYME 「楽園ベイベー」

2000年代に高校生・大学生だった人にとって永遠にサマーソング、
ドライブBGMであり続けるでしょうリップの「楽園ベイベー」

こんなにかっこよくアロハシャツ切れる集団は他におりません!

氣志團 「OneNightCarnival」

2002年頃に爆発的に有名になった氣志團(きしだん)

当時の彼女が氣志團が好きすぎて高校生の僕は謎の嫉妬をしたということを思い出す思い出ソングです

僕の大好き千葉ロッテマリーンズが昨年から5回裏になるとこの曲でゲーム中に盛り上がります!
なぜ氣志團が?って氣志團は木更津(千葉県下)がホームだから!

FLOW 「DAYS」

平成のアニソンキング「FLOW」

やっぱりアニメの印象が強いですが特にエウレカセブンが僕は大好きでした!
I CAN FLYYYYYYYYYYY!!!!!!!!!!!!!!

インスロのポンポコポンポコポンポコで「あぁ懐かしい・・」と感じます

ORANGE RANGE 「ミチシルベ」

当時大学1年生で剣道部だった僕は、長野県で10日間の合宿中でした
2部練がきつすぎて軽いうつ状態だった中、練習場で移動するバスを待っている間に
4年生が爆音で流していたのがORANGE RANGE 「ミチシルベ」でした

すごい名曲なのですが自分にとってはクソムカつく先輩と地獄の合宿を思い出すそんな1曲

中ノ森BAND 「Oh My Darlin'」

「ってか、付き合ってるんでしょ二人って」

大学生時代にバイト先の休憩室でふと先輩に言われた一言で意識し始めて
付き合うことになった1つ上の女の子と付き合う前の日々を思い出します

大学生って彼氏彼女いる人のステータスはもはや特権階級
「彼女できたんだ」と思いがけない友人が言った時の驚きと焦りは微笑ましい記憶です

チャットモンチー 「シャングリラ」

イントロ聞いたらわかる!シャングリラが来る!!!

今はガールズバンドの裾野も広がって来たから可愛い女の子が
がっつりロックバンドをやるってこと自体にそんなに違和感はないですが
当時は「なんかちっちゃい女の子がごっちいベース弾くやんけ!!」と腰を抜かしました

テレビで関西・関東で引っ張りだこの小藪さんは現在ジェニーハイというロックバンドを組んでおります
その小藪さんはドラマーを務めていますが、ドラムをやるきっかけはチャットモンチーのシャングリラのドラムを叩くためでした

UVERworld 「CHANCE!」

僕はデビュー当時の謎のキャラクターがジャケ写を飾った頃のUVERが好きです!

初期アルバムのみに現れた「UVERちゃん」

初期アルバムのみに現れた「UVERちゃん」

大学生だった僕はむちゃくちゃ好きだった女の子との初デートを失敗しまいと
部活の同期の女の子と後輩の男の子と池袋デートコースを1日下見したことを思い出します

その子とは晴れて付き合えたよ!!いえい!

Weaver 「僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~」

再生回数800万超え!!
青春感出まくりのピアノロックバンドといえばWeaverで間違いなし!

sumika 「リグレット」

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのsumikaは2020年いまの学生にとってきっと青春ロックの代表格でしょう
そんなsumikaはかつて長年bambiというバンドでした、どっちかというとそっちの印象が強い30代のぼく

sumikaの曲の中でもキュンキュンする曲としてはやっぱり「リグレット」
とにかくPVに出て来る阿久津ゆりえさんが可愛すぎる!!どうやったらそんな表情できんの!?好きになるやんばかあ!!

「君の音を聞かせてよ それだけでいいんだよ」ってどんな感性だよ。。。

WANIMA 「ともに」

夏!!!
WANIMAはもう夏の季語だよ!!

久々にモンスター級のサマー&ティーンロックバンド出て来たわい!と思ったWANIMA
自分が今高校生・大学生だったら社会人になった時に「あぁあのときWANIMA聞いてたなー」って絶対思うはず

時代時代で青春ロックが出て来るっていいですよね

再生回数1億
あっぱれ!!!!

ROOKiEZ is PUNK'D 「リアライズ」

『FLOWの生まれ変わり』
ってFLOW死んでないけど・・だって「見た目怖い+かっこいいスポ根ソング」つったらFLOWやんか

現代のスポーツ少年達で嫌いな人はいないでしょう!
アニメの弱虫ペダルのOPソングとして一躍青春ロックバンドとして人気が出てきたROOKiEZ is PUNK'D

以上、青春ロックバンドまとめでした!

また新しいバンドまとめ記事作ったらぜひみてください!