忙しくないと不安になる。暇になるとサボってると感じる。を今日からやめよう

人生で学んだこと

こんにちは、guriguraです!

サラリーマン(海外駐在中)を続けつつ
アマチュアブロガーをやってます

今日は自分自身も悩まされるココロの問題

会社勤めの人は感じたことあるはず
「忙しくないと不安感じる症候群」について

忙しくないと不安感じる症候群

忙しくないと不安感じる症候群の人の特徴はこんな感じです

忙しくないと不安感じる症候群の特徴
【1】激務・鬼畜目標・深夜残業を続けてきた
【2】そもそも頑張り屋
【3】生真面目で優しい
【4】人のために尽くすことが好き
【5】自分を褒めることが苦手

まあ

すげえいいやつですね

いわゆるブラック企業寄りな社風の会社に勤めたことにこの症状の人が多い気がします

会社がたまたまブラックなだけで働いている人がオールブラックスなわけない

むしろホワイトな人だからこそ
「あれなんか違う(自分の色と真逆→ブラック)」と思うわけで

明らかにキャパオーバーの業務量や無理ゲーの売り上げ目標

見て見ぬ振りの深夜残業続きの毎日

詰められる毎日

そんな日々に慣れてしまうが故に平和な日を平和に思えない

「忙しくないと不安になる症候群」は
会社の文化や社風が原因なのは間違いない

プラス、

そもそもの人間性の”良さ”がゆえ、この症状になってしまう

例えば「頑張り屋」な人

頑張り屋は目標に向かって突き進む

休むことを知らない

それから「真面目で優し」くて「人に尽くす」ことができる人

実直に目の前の仕事に向き合い

人の気持ちを思う人(JTじゃない)

こういう人は往々にして頑張りすぎる

100点取ったら120点目指しちゃうような人
(みんなは100点で止まる。というか70点でも止まる)

で最後に

「自分を褒めることが苦手」な人

自分のことを過小評価しまくって自己嫌悪に陥ってしまう

”これくらい誰でもできるよ”

”目標達成したけどやって当然だもんな”

とか思っちゃう

仮に人から「すごい」って言われても否定しちゃう

もうとにかく真面目

でも本当はすごいことをやり遂げてることに気づかない

数々の困難を乗り越え周りの危機を救ってきたエース級の戦闘員が
あまりに戦いすぎてつかぬ間のゆっくりできる時間ができることに不安を覚えてしまう

こんな悲しい話ありますかってよ

忙しくない日がない方がおかしい

僕自身「忙しくないと不安になる症候群」に陥って
仕事もないのに20時くらいまで会社に残っていたことがある企業戦士です

そんな僕からひとこと

忙しくない日が無い方がおかしい

1日定時まで7,8時間だとして

平日5日あって40時間、
1ヶ月4週間だから160時間

ざっくり12ヶ月で19,200時間

もうずっと忙しい

いやいや

そんなのおかしいでしょ

働きすぎて頭おかしなってると気づかなければならない

忙しいという状態がデフォルトなことが異常なわけで

「忙しい」⇄「暇」ではない

ましてや

「暇」⇄「サボってる」は絶対にない

「忙しい」の反義語は「忙しくない」でいい

いや辞書がどうとかそう言う話ではなく

忙しくないってことは普通なのだ

あまりに危険地帯での爆発処理になれちゃったもんだから
ただの芝生歩くのが逆に怖くなっちゃったみたいになってる

時間に余裕ができた

それの何が悪い?

サラリーマンは仕事を全うして
サラリーをもらうという契約をしてる

仕事終わりました

やることそんなにありません

これの何が悪い?

激務ぶっこまれすぎても
それができちゃうエースだから気づかないかもしれないけど

周り見渡して100人全員そんなことやってるわけがない

仮に周り100人がやっていたとしても

最寄駅半径500Mの人間がそんな人生歩んでいない

仕事がそんなに無い瞬間ができた

いいじゃないですかそれで

むしろ踏ん反り返ってゆっくり缶コーヒーでも飲みに行きましょう

ほんとそれくらいの気持ちでいい

でも

それができないから困るって話だよね

でなんでできないかってのは色々あるかもだけど

1つは改めてやっぱり会社の文化や社風

これがほんまクソみたいに人に良い影響を与えない

その1つの例がこれ

「忙しいフリ選手権」

うちの会社にはこれに命をかけてる野郎がごまんといる

会社で毎日開催される「忙しいフリ選手権」

参加者にはもれなく定時帰りが参加賞としてプレゼント

上位入賞者にはなんと

「さほど何もしなくても月給振り込まれる」券を差し上げます

まあ

もうあれです

大人気ね

この選手権

全員がそうだってことは無いけど

うちの本社はこの選手権参加者の大量生産が尋常じゃ無い

もうオフィス入った瞬間わかる

なんせ雰囲気が悪い

なぜ雰囲気が悪いかと言うと

顔が怖い

まじで顔が怖えんですよ

PCにタイマン張ってんですか?ってやつが
はい、そこにもそこにもあちらにも。。

なぜ顔が怖いかと言うと

顔が怖い

話しかけにくい

たぶん忙しい

他の人に頼もう

この怖い顔効果によって居場所をなくした大事な仕事が
ごく少数のマジで頑張ってる人たちのもとにかけこんでくる

なんだこれって感じですよね

僕は本社に行くたびに
「本社で働きたく無い。絶対に」と思ってました

もうおでこに「保身」って書いてあるんですもん

新しいことにどんどんトライすることが仕事だと信じる身としては
もはや本社はエイリアン(異星人)でした

ギリ同じ言語でした

すごい上手な地球語を話しました

今の100倍自分を認めてあげる。ヒーローにひとときのブレイクタイムを

頑張る力

やりきる力

人を助けられる力

これらはギフト(才能)です

神が与えたものでも親から受け継いだものでもなく

あなたがあなたの人生を歩み人と触れ合う中で育まれた努力と汗の結晶です

気づかないだけで誰も恥をかきたく無いから言わないだけで

みんなが実はあなたに助けられている

まずは今の100倍自分を「今日もよくやったな」と認めていきましょう

見渡す限り目に入る人を見てあなたと同じほど苦しい思いをしている人がいるでしょうか

いないっす

ぼくのいまのオフィス、シンガポール

えげつない遅刻をしてきて

その足でカフェテリアに併設されてる卓球場へ向かうクソインドがいます

でもたぶんさほど給料変わらないです

じゃあ俺も明日から1時間遅刻するぞ、とか

週末のフットサルのために課長と部長の間をドリブル練習するぜ、とか絶対しないし思わない

ああ忙しく無いなあ

やることなくなったなあと思ったら

もうとことん休んじゃいましょう

頑張り屋のあなたが思う100倍甘えた時間の使い方をしても
それでやっと世の中のスタンダードです

忙しい業務に取り組み

そしてそれを続けてきたあなたはまじでヒーローです

不安に感じたり暇になったことに引け目を感じる必要なんてありません

今日は早く帰りましょう

実は17時台の電車激混みです

またヒーローに怪獣やっつけてもらわないといけない日は来ちゃいますので
そのためにパワーを蓄えましょう

以上!

2 件のコメント

  • guriguraさん、ブログ読ませて頂きました。
    先月から忙しくない日が続いており、周りが忙しそうにしている中気まずいなーと思いながら定時で帰ったり、忙しいフリをして座っているのも疲れるので半休をとったりしていました。

    guriguraさんのおっしゃる通り、真面目すぎるのか、忙しくないと違和感を感じますし、働き盛りなのに暇で大丈夫なのか?という漠然とした不安を感じてました。目の前にやることがあればそれに注力しておけばよく、そんなことまで考えなくてよいので楽なんですけどね。

    ブログ記事拝読させて頂いて、少し安心しました。有難うございます。

    けんと

    • けんとさん
      ブログ読んでいただいてありがとうございます!
      コメント拝見して僕と全く同じような思いをされているなと感じました。けんとさんは間違いなく真面目なんだと思います。
      かつて自分の抱える悩みを友人に相談したときに、『Guriguraが今の3倍仕事を適当に考えてやっと普通の人の頑張ってるラインと同じ』という言葉をかけてもらったことがあります。サボれという意味ではなく、”そこまで思い詰めて仕事しなくてもいいんだよ”という意味だと理解しています。
      目の前のことに注力できることは素晴らしいことです!ぜひどんどん半休だけでなく終日有給をとって旅行にでもでかけてください!僕が今住んでいるシンガポールもおすすめですよー!!

  • けんと にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUT US

    アマチュアブロガー
    86世代のアマチュアブローガー。現在シンガポール駐在の30代サラリーマン。毎月100キロランに挑戦中!オシャレな服と新しい音楽が大好きです! 人生初のブログ-LIFEPORT- を2017年12月スタート !現在ちょっと苦戦中ですが楽しみながら好きなことを発信していきます! 三重→千葉→東京→愛知→広島→兵庫→大阪と引っ越し人生。どこ住んでも都!ご当地グルメやお祭り、そして素敵な女性との出会い・・全部都でした!笑 マイブームは激辛料理とスキンケアの研究。ブログも人生も勉強中ですが謙虚に貪欲にファイトしていきたいと思います。”あ!来月初めてニューヨーク行ってきます!”