【2019年最新】WP to Twitterプラグインの設定方法。記事をTwitterで自動投稿

【2019年最新】WP to Twitterプラグインの設定方法。記事をTwitterで自動投稿 ブログ運営

こんにちは!サラリーマンしながらブロガーやってるグリグラです!

本日はブログ記事の投稿をすると自動でTwitterにも投稿される
プラグイン「WP to Twitter」の設定方法を僭越ながらレクチャーさせて頂きます

他のブログで行き詰まった人もたまたま見にこられた方も
少しでも設定方法の役に立ったら幸いです

「WP to Twitter」プラグインの設定方法が変わったから自ら解説

「WP to Twitter プラグイン 設定方法」でググります

するとたくさんブログ運営系のブロガーさんの記事が出てきます

グリグラ自身、先輩方の記事をほじくりまわしたのですが

なんかおかしい

画面が違う。パイセンのキャプチャの画面にたどり着かない

たどり着かないっていうかたぶんこれ変わったくさいな

設定フローが変更されたことに気付いた時にはもう
「やるしかねえ」と啖呵を切って自分で何とか設定しました

ただその中で
こっちサイド(ブロガー側)が英語で記述しないといけない部分が・・

『これは結構困るんじゃないか?』ということでまとめ記事を書くに至った感じです

【ゴール】WordPressの新規投稿をTwitterで自動投稿させる

やりたいことはもうイメージされておられる通り

ブログ記事のTwitter自動投稿 (1)

記事が投稿されたらTwitterに
画像付き・記事リンク付きで自動で投稿される

これがゴールです

グリグラが最初にトライした方法は

すでにインストール済みで、
いくつかのブログで紹介されていた、

「All in One SEO」と「Jetpack」を使う方法

だったのですが

これが上手くいきませんでした

「All in One SEO」と「Jetpack」を使う方法は上手くいかなかったので断念

今回本題ではないためこの方法のレクチャーはスキップさせて頂きます

気になる方は下記ブログを参考になさってください
多分この方法でもできるんだと思います

なおLIFEPORTはJetpackを外しました

Jetpack使ったら勝手に求めてない表示がブログに出たり、
あと何よりも、

ブログ速度が遅くなりました

ありがたみが全く感じられなかったのでそういった意味でもこの方法は採択しませんでした

ではどうやってやったかというと他のプラグインを使いました

「WP to Twitter」です

「WP to Twitter」プラグインの新規追加から

WP to Twitter プラグイン

「WP to Twitter」プラグインはダッシュボードのプラグインからインストールです

【新規追加】→【「WP to Twitter」で検索】→「今すぐインストール」→「有効化」

「有効化」は忘れずに!!

さてここからが本番

オールイングリッシュはもうすぐです

Twitterプリケーション登録ページへ進む

ブログ記事投稿とTwitterを連携するためにはもう少し作業します

目的は「API Key」と「API Secret」というトークンの取得です

WP to Twitter 設定画面

Twitterプリケーション登録ページ
(英語:Twitter Application Registration Page)

ここをクリックしますすると

おそらくこのページが表示されます
(僕がグーグルで調べた時はこのページではない画面の設定レクチャーが多かったです)

Twitterプリケーション登録ページ

右上の「Creat an app」をクリックします

これから行う作業はTwitterのアカウントとWPを連携させるための
APIキーという情報を取得するためにTwitter側へブログ情報を提供する、という作業です

Twitterプリケーション登録ページ(2)

これ以降は全て英語です
ですが下記を参考に必要な情報を入力していけばOKです

API情報取得の英語入力パート

「App Name」と「Application Description」

まず最初に入力するのは
「App Name」と「Application Description」です

Twitterプリケーション登録ページ(3)

App?と思うかもしれませんが
App=ブログと理解してしまって構いません

ですのでApp name=ブログ名です

次の「Application Description」では
”あなたのApp(ブログ)はどんなものなのか”を英語200文字で説明します

がここ誰も読みませんので簡単かつ適当で良いと思います。

テキストのみほん
I have my blog on WordPress. My blog has several genre of articles such as sports, travel etc. I also have social media like Instagram that shares my life in Singapore with some photos.

「articles such as sports, travel etc.」の部分を
ブログコンテンツに変えることと

Instagram that shares my life in Singapore with some photos.」の部分の
インスタをTwitterに変えたり、何を投稿(シェア)しているかを書けば終わりです

Twitterの場合はShareじゃなくてPostとかのほうがいいかもです

URLをいくつか(ほんとんど空欄でOK)

次にいくつかURLを入力していきます

ですがほとんど空欄で進めます

引き続きブログ情報を入力していくだけです
ここはスンスンいけるはずです

Twitterプリケーション登録ページ(4)

Required(必須)と書かれている箇所に
ブログのURLを入力します

その他プライバシーポリシーが記載されているURLの入力とかを求められていますが
あればそれを、なければ空欄のまま進んでしまいましょう

「Tell us how this app will be used.」

最後の英語入力です
「Tell us how this app will be used.」の部分

Twitterプリケーション登録ページ(5)

”APIをどう使うんですか?”と聞かれています
が、深く考えずに下記を参考に入力してもらったら良いかと思います

テキストのみほん
I have my blog on WordPress. To circulate ay articles effectively, I want to use Twitter API as a solution to connect Twitter with my blog.

どなたでもそのまま使えるような内容なので
気になることがなければそのままコピペでも全然OKです

これで英語入力は全て終わりです!
(※Organization部分は空欄のまま)

一番下の「Create」を押せばAPIキー情報へ進みます

おつかれした!

API情報取得からWP設定画面まで

APIキー&アクセストークンの情報取得

問題なく情報入力が進めば
みなさんそれぞれのAPI情報が表示されるはずです

Twitterプリケーション登録ページ(6)

連携させるための設定にはAPIキー以外に
アクセストークンという情報も必要です

最初は表示が閉じているので
該当部分の「Create」を押します

Twitterプリケーション登録ページ(7)

これでTwitter連携に必要な情報が全て揃いました
合計で4つの情報をメモ帳などにコピーしておきます

WPでの設定

最後にTwitterに設定画面で取得した情報を
WordPressのプラグイン内にそれぞれを入力すれば終わりです

Twitterプリケーション登録ページ(8)

「Connect to Twitter」を押して連携させます

Twitterプリケーション登録ページ(9)

無事接続が完了していれば
「Twitter Connection」の画面がこのようになっているはずです

こうなっていれば今後WordPressで記事を作成して投稿する時に
自動でTwitterにも記事情報が更新されます

Twitterプリケーション登録ページ(10)

Twitterへ記事が投稿される際のテンプレートを
「Basic Setting」というタブから変更できます

『過去記事の更新』でもTwitterで投稿させることも可能です
いまLIFEPORTでは設定していません

記事ごとにTwitter内容を変えたいという場合は
記事編集画面で自由にテキストを入力します

もしTwitterに投稿を表示させたくない時は
「Don’t Tweet」を洗濯します

Twitterプリケーション登録ページ(11)

【WP to Twitterプラグインの設定方法】は以上となります!

少しでも参考になったら幸いです!

もしちょっとは役に立ったらまたブログ見に来てください!
Twitterも細々とやってます
グリグラのTwitterはこちらーLIFEPORTー